<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真夏日

連日の暑さ。仙台も猛暑日なるものを体験しました。
涼を求めて市役所前の噴水を眺めながら撮った写真をご覧ください。
c0140729_042424.jpg
c0140729_043149.jpg
c0140729_0431820.jpg
c0140729_0434927.jpg

[PR]
by 2007sks | 2010-07-31 00:44

北海道2 函館到着

苫小牧についた朝は天気も上々でした。
函館まで道央高速を使って12時ころ出発。
250km近い距離ながら途中からは一般道になるため、所要時間は4時間あまり。
天気もだんだん怪しくなり、函館についたころはすっかり曇りぞらでした。
ホテルに入り、早速元町海岸付近で夕食。海鮮丼は評判どおりのおいしさでした。
函館にきたら夜景が定番ですが、あいにくの空で山はすっかり雲で覆われております。

タクシ-で市内の夜景案内をしてくれるとのことで、夜の8時ころから出発。
運転手さん非常に親切な方で、2合目なら夜景見えますと案内してくれました。
せっかくだからと山頂まで行きましたが、案の定の闇の世界。
c0140729_982775.jpg


山を降りて、市内の案内をしてもらったら、時間はとうに過ぎて午後10時。
それでも運転手さんいやな顔もしないで、楽しい時間をすごさせていただきました。

当日の写真はこちらでご覧ください

[PR]
by 2007sks | 2010-07-15 09:09 | 旅行

仙台市博物館

昨日 仙台市博物館で開催された広報セミナ-に言ってきました。
広報セミナ-は仙台市博物館で開催される特別展などの内容を口伝えで広めることを目的としたもので、特別展開催開始の第一月曜日に行われます。
今回の展示は「黄金の都 シカン」です。
シカンなんて聞いたことなかったので、全くの白紙状態での見学でした。
聞けば、インカ帝国ができる前に南米ペル-の北部海岸で反映した地方王国なのだそうです。
例によってロロ神殿と呼ばれる遺跡付近の墓から掘りだしたミイラとか副葬品の大量展示なのです。

先にエジプト展でも吉村作治さんが随所でビデオ説明があったように、今回も発掘責任者の島田泉さんという先生が随所で内容の説明ビデオが並びます。
なにせ、テレビ局がスポンサ-とのことで、この手の映像はお手の物のようです。

見所ははパンフレット写真にもあるように黄金の仮面や神へのいけにえのための首を切断する「トウミ」と呼ばれるナイフそして黒光りする土器類でしょう。特に土器については表面の色つやや模様のすばらしさに圧倒されます。
パンフレット右の黄金製大仮面は見どころのひとつですが展示場所が極めて複雑な場所にあるので、うっかりすると見逃してしまいます。要中止の展示品です。
c0140729_9103562.jpg

これだけ宣伝すれば広報セミナ-参加の責任は果たしたことになるでしょう。・
[PR]
by 2007sks | 2010-07-06 09:11 | 博物館

北海道-1 出航

今回は道南、すなわち函館を中心に旅をしました。
本来なら東北道を通って、青森から函館に渡るル-トが時間的にも効率的なのでしょうけど、前にフェリ-で苫小牧まで行く、太平洋フェリ-の味が忘れがたく同じ行程をとることにしました。
もちろん、帰りにはあの苫小牧で真っ赤夕日が沈んだ中でばくち好きなじいさんに会えることを期待しながらの旅なのです。
c0140729_0243727.jpg

出航時の様子はこちらでご覧ください。
[PR]
by 2007sks | 2010-07-04 23:18 | 旅行