カテゴリ:その他( 7 )

3年目の3月11日

あの震災が起きて3年目。
私たちの身の回りからはあの時の光景は姿を消してしまいました。
ただ、いえることは我が家から4km位海側に進んだところには、未だに家は一軒も無いという現実です。少々の傷跡は消すことができても、壊滅的な現場には全く手が届いていないのです。
今も雪がちらほら振っている3月11日はちょうどあの日と同じ天気です。

私の手元の写真をご覧いただきます。私の家から1kmも離れていない場所の写真です。
その先の光景はとても撮ることはできず、手持ちはありませんがこれ以上の惨状であったこと事実です。
c0140729_8301440.jpg

私が家に戻れたのが午後3時すぎ。震災発生後約15分が過ぎておりました。家の中は滅茶苦茶で手の付けれれない状況。電気もつかず4時過ぎには大粒の雪が降り出してきました。ラジオで情報を得るということすら気がつかず、転倒したり散乱した荷物を寄せて場所の確保しかできませんでした。
c0140729_833242.jpg

その日は近所のコミュニティセンターで夜を過ごしました。余震が続く中一睡もできない夜でした。
翌朝外に出てみると、田んぼには津波の押し寄せた跡と、海岸方面で黒鉛が上がる様子が見られました。この日は1週間くらい続いたような記憶があります。
遠くからみていた知人は、我が家の方角なので当然家も焼けてしまったものと思ったと後で書かされました。

c0140729_8383452.jpg

c0140729_839279.jpg

c0140729_8401325.jpg

震災から1週間後、家の中も大部片付き用事のため仙台駅まで自転車で向かいました。
帰り路裏通りを通り見た光景の一部です。

c0140729_8424989.jpg

c0140729_8442255.jpg

c0140729_8445657.jpg

c0140729_8453119.jpg

3月末、高校時代の同級生から、別の同級生が行方不明のようだから家に行って様子を見てくれとの依頼がありました。
近いとはいえ結構な距離。再び自転車で様子を見に行きした。
マンションは2階まで浸水して、壁は亀裂が入り住むには危険すぎるとのことで娘のところに避難中との張り紙があり、無事が確認され安心しました。
この時点でも道路わきには津波で大破して車が散乱しておりました。
[PR]
by 2007sks | 2014-03-11 08:50 | その他

少しづつ再開です

調べものをしていたら、懐かしい人の名前にめぐりあいました。
相変わらず精力的にブログにいろいろ書いたいるようです。
そして、そこに書き込みしようとしても、今の自分には昔の名前も思い出せないし、そんな状態で書き込んでも相手には伝わるすべもないことに気づきました。

懐かしくexiteのブログを開いた見ると、なんと自分のそのままにブログがのこってました。
大震災の1か月まえの園芸センタ-らん展の模様から、1年後の町の様子に2年後のメモまで。
どうでもよいことだけど、やはりなんらくの形で書いておくことは大切なことだと思いました。
たとえくだらなことでも。

以前はコメント欄を閉鎖しないと変な書き込みが多くて困りました。
現状どうかはわかりませんが、少しの間解放してみます。
気づいたことがあれば書いてください。

少しづつですが私も今のことを記録していきたいと思います。
[PR]
by 2007sks | 2013-08-31 18:40 | その他

悪夢・・・3.11/14:46

もう3ヶ月も過ぎたのか。あっという間だったな。
そんな気持ちが頭をよぎる一方、死者の数が9238名 行方不明者が4742名(6月16日宮城県内の犠牲者。警察庁まとめ)という数字を見ると、惨劇の大きさに身がすくむ思いでいっぱいになる。
我が家は幸いにして、家も家族もさほどの被害が無い状況であった。震災のあと水道は止まることはなかったし、電気も4日の停電のあと復旧。ガスだけは市内全域で多大の影響を受け、我が家は3月31日まで止まった、それでも全体的にはライフラインの影響は少ないほうだったようだ。
多くの市民が痛感したように物資の不足。特にガソリンの入手不能による交通手段を奪われたこと。食料品を筆頭に日用用品の入手困難など、一時生活することが困難になったことはあったが、それもわずかの期間であり、今となっては懐かしさすら感じる出来事であった。(震災直後の時間の経過とライフライン復旧後の慌ただしさは言葉で表現できないほどの違いであった)

しかしながら、それを感じられるのはごく一部の人間なのかもしれない。我が家は仙台港から約4kmほど離れたところにあるのだが、港の方向に1kmも近づくと光景が広がっていることをいまでも認識することができるのだ。
復興などという言葉とは程遠い現実がまだ目の前に横たわっている限り、あの悪夢は終わることなく続いているのである。

がんばろう東北、がんばろう宮城、ばんばろう仙台と声高に叫んでも、どうしようもない現実がまだまだそこにあるのだ。
c0140729_085224.jpg

今月10日の夜、仙台の町を歩いていたときの光景から・・・・。
[PR]
by 2007sks | 2011-06-17 00:16 | その他

高橋真梨子コンサ-ト

c0140729_9385988.jpg

昨日(6月16日)NHKのSONGSで高橋真梨子の番組が放送されました。
仙台でのコンサ-トが11,12日にあり、11日に行ってきたのですが、コンサ-トの中でヘンリ-さんが16日に放送されるのです。その中で今年のコンサ-トの模様も紹介されます。なんて話してたので、覗いてみたのですが・・・・。放映されたのが4回目のコンサ-トの模様。とはいえ、舞台装置などはマル秘。今年もすごい舞台装置でした。でも、そこまでは丸裸にはしないようでした。だんだんチケットの価格も上がり、もう行くのやめようなんて思いながら、ついつい毎年足を運んでおります。私が行ったのは今年の6回目の公演だそうです。以前は木枯らしの吹く季節に仙台にきていたのですが、いつからか新緑の季節に変更。早い回の公演で楽しみも覆いのですが、最近はよく曲をとちるのですね。始まったばかりのコンサ-トなので、歌い慣れしていないからなのでしょう。それはそれで楽しいものです。今回はあそこでまたとちったなんて、あらひろいできるのですから・・・・。
今年末まで全部で54公演だそうです。チケットを取るのは相当困難ですが、一度会場に足を運ぶとまた行きたくなる不思議な歌手のコンサ-トです。
追記
途中で行われるHenry Band Playも例年のやつよりすごいですよ。老人たちが相当無理してやっている様子が痛々しい感じもしますけど・・・・。(失礼しました)
[PR]
by 2007sks | 2010-06-17 09:49 | その他

法要

c0140729_1921112.jpg

c0140729_1932037.jpg

昨日とはうって変わったような気温。肌寒い一日の中、叔母の法要に参列しました。
山沿いにあるホテルの隣はアウトレットモ-ルで大賑わいでした。
[PR]
by 2007sks | 2010-03-07 20:52 | その他

ホ-ルの休憩所にて

c0140729_22174147.jpg

カメラ故障中につき、今日も携帯カメラのお世話になります。
市民会館の2階休憩所から見たライトの群れです。
こうしてみると、携帯カメラも馬鹿にしたものではなさそうに思われてきます。
[PR]
by 2007sks | 2010-03-04 22:20 | その他

吊るされた雛さま達

c0140729_2351329.jpg


c0140729_23491043.jpg

[PR]
by 2007sks | 2010-03-01 23:53 | その他