シンビジュウムの産毛

シンビジュウムの花を撮ってみました。
本当はストロボのテストが目的だったのです。
光が左から来ているので、本来は右からライトを当てるのが常識のはず。
右の上や下から当てたのだけど、さほどの効果もなく、逆にノッベラボウ写真となってしまいました。
それではと、左から光を当てたら、花の中心付近に密集する薄い毛が際立って浮き上がりました。
写真なんて、有名な先生の話より自分でやって満足するのが一番なのかもしれません。
c0140729_13213285.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2014-04-05 13:21 |

3年目の3月11日

あの震災が起きて3年目。
私たちの身の回りからはあの時の光景は姿を消してしまいました。
ただ、いえることは我が家から4km位海側に進んだところには、未だに家は一軒も無いという現実です。少々の傷跡は消すことができても、壊滅的な現場には全く手が届いていないのです。
今も雪がちらほら振っている3月11日はちょうどあの日と同じ天気です。

私の手元の写真をご覧いただきます。私の家から1kmも離れていない場所の写真です。
その先の光景はとても撮ることはできず、手持ちはありませんがこれ以上の惨状であったこと事実です。
c0140729_8301440.jpg

私が家に戻れたのが午後3時すぎ。震災発生後約15分が過ぎておりました。家の中は滅茶苦茶で手の付けれれない状況。電気もつかず4時過ぎには大粒の雪が降り出してきました。ラジオで情報を得るということすら気がつかず、転倒したり散乱した荷物を寄せて場所の確保しかできませんでした。
c0140729_833242.jpg

その日は近所のコミュニティセンターで夜を過ごしました。余震が続く中一睡もできない夜でした。
翌朝外に出てみると、田んぼには津波の押し寄せた跡と、海岸方面で黒鉛が上がる様子が見られました。この日は1週間くらい続いたような記憶があります。
遠くからみていた知人は、我が家の方角なので当然家も焼けてしまったものと思ったと後で書かされました。

c0140729_8383452.jpg

c0140729_839279.jpg

c0140729_8401325.jpg

震災から1週間後、家の中も大部片付き用事のため仙台駅まで自転車で向かいました。
帰り路裏通りを通り見た光景の一部です。

c0140729_8424989.jpg

c0140729_8442255.jpg

c0140729_8445657.jpg

c0140729_8453119.jpg

3月末、高校時代の同級生から、別の同級生が行方不明のようだから家に行って様子を見てくれとの依頼がありました。
近いとはいえ結構な距離。再び自転車で様子を見に行きした。
マンションは2階まで浸水して、壁は亀裂が入り住むには危険すぎるとのことで娘のところに避難中との張り紙があり、無事が確認され安心しました。
この時点でも道路わきには津波で大破して車が散乱しておりました。
[PR]
# by 2007sks | 2014-03-11 08:50 | その他

節句

c0140729_18484984.jpg


c0140729_1852286.jpg


c0140729_18524679.jpg


c0140729_18563923.jpg


c0140729_18574443.jpg


吊るし雛と呼びれるおひな様があちこちで見かけるようになりました。
[PR]
# by 2007sks | 2014-03-05 18:58 | 伝統芸能

少しづつ再開です

調べものをしていたら、懐かしい人の名前にめぐりあいました。
相変わらず精力的にブログにいろいろ書いたいるようです。
そして、そこに書き込みしようとしても、今の自分には昔の名前も思い出せないし、そんな状態で書き込んでも相手には伝わるすべもないことに気づきました。

懐かしくexiteのブログを開いた見ると、なんと自分のそのままにブログがのこってました。
大震災の1か月まえの園芸センタ-らん展の模様から、1年後の町の様子に2年後のメモまで。
どうでもよいことだけど、やはりなんらくの形で書いておくことは大切なことだと思いました。
たとえくだらなことでも。

以前はコメント欄を閉鎖しないと変な書き込みが多くて困りました。
現状どうかはわかりませんが、少しの間解放してみます。
気づいたことがあれば書いてください。

少しづつですが私も今のことを記録していきたいと思います。
[PR]
# by 2007sks | 2013-08-31 18:40 | その他

10ヶ月

あの日から10ヶ月
街の様子はすっかり元通り。
我が家も以前の生活となんなら変わらず、元通り豊かな日常をすぐすことが出来ている。
まるで、あの日というのははるか昔の夢でしかないかのように。

時が過ぎて、あの震災は1000年以上前に起きた貞観地震以来だから、しばらくはあんな災害はもうないだろうみたいな意見も聞かれるようになった。
そんな見解の根拠として記録として初めて人の目に触れたのが、前述の「3代実録の869年の定観、そして次に出てきたのが1611年の慶長津波だから、その間800年近い開があることになる。貞観津波での死者の記録が1000名、慶長津波の死者は1783名というから、当時の人口からみると、今回の犠牲者の数字とも近い数値となることであろう。
そして、導かれた結論とは、宮城県沖地震は今回の大震災で消えてなくなったのだから、次はあと1000年くらいは庫内であろうということである・。

あんな、災害は二度と来て欲しくないのは全ての人々の気持ちであるのだが、本当に800年もの間同様の災害がなかったと断言できるのだろうか。これまでも無責任な地震予想がはびこっていただけに、こと自然災害については、どんな預言者の話しも信用できるものでないことだけは確かなことである。

なにより言えることは、冒頭私を含めて生活が昔と変わらずに物質的に恵まれているなどと言いいきれるのは、ごくごく恵まれた地域の人間であり、私のところでも2kmも先に進もうなら未だに電柱は曲がったままで、地面には亀裂が走っている光景を目にすることができるし、自分の家もなくして喰うに事欠いている知人が相当数いるのが実態なのである。

あれから10ヶ月がすぎ、今日は6cmの積雪があった。明日はこの冬一番の寒さがくるとのこと。
正月気分も終わると再び辛い現実が始まる気配がするこの頃である。
[PR]
# by 2007sks | 2012-01-12 00:33 | 博物館

悪夢・・・3.11/14:46

もう3ヶ月も過ぎたのか。あっという間だったな。
そんな気持ちが頭をよぎる一方、死者の数が9238名 行方不明者が4742名(6月16日宮城県内の犠牲者。警察庁まとめ)という数字を見ると、惨劇の大きさに身がすくむ思いでいっぱいになる。
我が家は幸いにして、家も家族もさほどの被害が無い状況であった。震災のあと水道は止まることはなかったし、電気も4日の停電のあと復旧。ガスだけは市内全域で多大の影響を受け、我が家は3月31日まで止まった、それでも全体的にはライフラインの影響は少ないほうだったようだ。
多くの市民が痛感したように物資の不足。特にガソリンの入手不能による交通手段を奪われたこと。食料品を筆頭に日用用品の入手困難など、一時生活することが困難になったことはあったが、それもわずかの期間であり、今となっては懐かしさすら感じる出来事であった。(震災直後の時間の経過とライフライン復旧後の慌ただしさは言葉で表現できないほどの違いであった)

しかしながら、それを感じられるのはごく一部の人間なのかもしれない。我が家は仙台港から約4kmほど離れたところにあるのだが、港の方向に1kmも近づくと光景が広がっていることをいまでも認識することができるのだ。
復興などという言葉とは程遠い現実がまだ目の前に横たわっている限り、あの悪夢は終わることなく続いているのである。

がんばろう東北、がんばろう宮城、ばんばろう仙台と声高に叫んでも、どうしようもない現実がまだまだそこにあるのだ。
c0140729_085224.jpg

今月10日の夜、仙台の町を歩いていたときの光景から・・・・。
[PR]
# by 2007sks | 2011-06-17 00:16 | その他

らん展

花いっぱいのらん展の様子
最後の2枚は好みもあるかもしれないけど、少々変わった指向の花として・・・・。
c0140729_04327100.jpg
c0140729_0434679.jpg
c0140729_044232.jpg
c0140729_0441819.jpg
c0140729_0443427.jpg
c0140729_0444862.jpg
c0140729_04569.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2011-02-18 00:47 |

大沼の白鳥2月編

c0140729_23261417.jpg
c0140729_23263325.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2011-02-16 23:27 |

大沼の白鳥

c0140729_224423100.jpg

沼に遊ぶ白鳥
その足元になにやら怪しい物体。

その正体は・・・
[PR]
# by 2007sks | 2010-12-23 22:47 |

2010SENDAI光のページェント

今年より全数LED電球にしたのはよいけれど、整流器の不良とかで全滅状態。
20日復旧に向けて全力で中国製整流器の交換を実施中とのことです。
c0140729_21541141.jpg

c0140729_21543996.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-12-18 21:54 |

歳末の仙台駅前

c0140729_22355386.jpg

12月は何回町に出てきただろう。
この日も今年何十回目かの忘年会
最近は重いカメラを担いで出かけるのはやめて、ixyのコンデジをポケットに忍ばせることが多い。
そんなに気張ってとる写真なんてないので、これで結構なようだ
[PR]
# by 2007sks | 2010-12-17 21:34 | 風景

町の風景

駅から歩いて目的地に行く途中、ふと見つけたビルに映るビルの姿。
いつもある風景なのだろうけど、気にも留めないのだ。
c0140729_2227358.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-12-13 22:22 | 風景

秋の一日

多賀城にある博物館でのスナップです
c0140729_23132224.jpg
c0140729_23133779.jpg
c0140729_23135226.jpg
c0140729_2314061.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-11-16 23:12 |

扇谷にて その3

札幌から来たという3人ずれ。
このあと鳴子まで遠出だそうで、松島で一休みのところをパチリしました。
c0140729_225932100.jpg
c0140729_22594749.jpg
c0140729_230497.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-11-11 23:57 |

松島扇谷にて

扇谷の写真をもう少し
山全体が紅葉状態ではないけど、それもまた一味ありそう。
c0140729_22561758.jpg
c0140729_22564099.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-11-10 23:54 |

ゆれる紅葉

松島の4大観のひとつ扇谷のふもとにある紅葉。
駐車場も小さく10台も来ると満杯状態。
風が激しい日なので紅葉が大暴れ状態でした。
c0140729_221063.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-11-09 22:05 |

台風の前触れなの???

明日にも大型台風が接近するそうな。
でも、夕方の空は真っ赤な夕焼け。
今年の異常気象は明日の予報まで変えてしまうのかな?
c0140729_0263165.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-10-29 22:24 | 風景

箒草

長い・長いお休みでした
厚い夏・ビリけつイ-グルスにホシノ監督の招聘。
気がつけば、道路で躓いて顔面打撲。いまだに顔面はパンパンのアンパンマン状態です。

久しぶりに写真撮りました。ほうきぐさ。
最近はコキアなんて、あちらの名前で売り出し中とか。気温がめっきり冷えてきてこの間まで緑だったのが赤くなってきました。前の狸くんもびっくり顔です。
c0140729_23495187.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-10-21 23:55 |

真夏日

連日の暑さ。仙台も猛暑日なるものを体験しました。
涼を求めて市役所前の噴水を眺めながら撮った写真をご覧ください。
c0140729_042424.jpg
c0140729_043149.jpg
c0140729_0431820.jpg
c0140729_0434927.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-07-31 00:44

北海道2 函館到着

苫小牧についた朝は天気も上々でした。
函館まで道央高速を使って12時ころ出発。
250km近い距離ながら途中からは一般道になるため、所要時間は4時間あまり。
天気もだんだん怪しくなり、函館についたころはすっかり曇りぞらでした。
ホテルに入り、早速元町海岸付近で夕食。海鮮丼は評判どおりのおいしさでした。
函館にきたら夜景が定番ですが、あいにくの空で山はすっかり雲で覆われております。

タクシ-で市内の夜景案内をしてくれるとのことで、夜の8時ころから出発。
運転手さん非常に親切な方で、2合目なら夜景見えますと案内してくれました。
せっかくだからと山頂まで行きましたが、案の定の闇の世界。
c0140729_982775.jpg


山を降りて、市内の案内をしてもらったら、時間はとうに過ぎて午後10時。
それでも運転手さんいやな顔もしないで、楽しい時間をすごさせていただきました。

当日の写真はこちらでご覧ください

[PR]
# by 2007sks | 2010-07-15 09:09 | 旅行

仙台市博物館

昨日 仙台市博物館で開催された広報セミナ-に言ってきました。
広報セミナ-は仙台市博物館で開催される特別展などの内容を口伝えで広めることを目的としたもので、特別展開催開始の第一月曜日に行われます。
今回の展示は「黄金の都 シカン」です。
シカンなんて聞いたことなかったので、全くの白紙状態での見学でした。
聞けば、インカ帝国ができる前に南米ペル-の北部海岸で反映した地方王国なのだそうです。
例によってロロ神殿と呼ばれる遺跡付近の墓から掘りだしたミイラとか副葬品の大量展示なのです。

先にエジプト展でも吉村作治さんが随所でビデオ説明があったように、今回も発掘責任者の島田泉さんという先生が随所で内容の説明ビデオが並びます。
なにせ、テレビ局がスポンサ-とのことで、この手の映像はお手の物のようです。

見所ははパンフレット写真にもあるように黄金の仮面や神へのいけにえのための首を切断する「トウミ」と呼ばれるナイフそして黒光りする土器類でしょう。特に土器については表面の色つやや模様のすばらしさに圧倒されます。
パンフレット右の黄金製大仮面は見どころのひとつですが展示場所が極めて複雑な場所にあるので、うっかりすると見逃してしまいます。要中止の展示品です。
c0140729_9103562.jpg

これだけ宣伝すれば広報セミナ-参加の責任は果たしたことになるでしょう。・
[PR]
# by 2007sks | 2010-07-06 09:11 | 博物館

北海道-1 出航

今回は道南、すなわち函館を中心に旅をしました。
本来なら東北道を通って、青森から函館に渡るル-トが時間的にも効率的なのでしょうけど、前にフェリ-で苫小牧まで行く、太平洋フェリ-の味が忘れがたく同じ行程をとることにしました。
もちろん、帰りにはあの苫小牧で真っ赤夕日が沈んだ中でばくち好きなじいさんに会えることを期待しながらの旅なのです。
c0140729_0243727.jpg

出航時の様子はこちらでご覧ください。
[PR]
# by 2007sks | 2010-07-04 23:18 | 旅行

hanaが咲いた

雨がザアザア降ってます。
昨日までの暑さも今日は一休み

あれって、サッカ-一次予選突破のお祝いしてくれた暑さだったのでしょうかね
明日から北海道に旅立ちます。
まずは船で苫小牧まで・・・・。
帰ってきたらまた報告します。
(一番の期待は落葉で拓郎が歌っているじいさんに会えるかなんです)
c0140729_2336496.jpg
c0140729_2337616.jpg

c0140729_23374426.jpg

c0140729_23385159.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-06-27 23:34 |

Kスタは今日も真っ暗だった

6月25日対ソフトバンク戦。再開されたリ-グ戦最下位までは時間の問題のようです。
深夜のW杯予選の観戦で寝不足なのは観客だけではなく、やっている選手も一緒みたいです。
2度のダブルプレ-した嶋なんて絶対寝不足間違いなしと見ました。

c0140729_024686.jpg

それにしても、暑い夜のナイタ-も気持ちよいものです。
多少モヤのかかったお月様も寝不足気味かもしれません。
つまらない試合より、球場外のネオンの森のほうがよほど素敵です。
そんなことで時間すごしていたら、ゲ-トがしまる時間になってしまいました。あまりにつまらない試合で、お客さんもさっさと帰って行ったようです。

スタジアムの写真をもう少しこちらからご覧ください
[PR]
# by 2007sks | 2010-06-27 00:06 | 野球

多賀城あやめまつり

恒例の多賀城あやめまつりが17日から始まりました。
22日少し身体もあいたので顔を出してみました。
花は4分咲きといったところでしょうか。
一緒に園内を賑わすアジサイの花も蕾状態。
暑くなったとはいえ、これまでの寒さが開花に影響しているのでしょう。
c0140729_17553664.jpg

多賀城あやめまつりの様子はこちらから。
[PR]
# by 2007sks | 2010-06-24 17:52 | まつり

高橋真梨子コンサ-ト

c0140729_9385988.jpg

昨日(6月16日)NHKのSONGSで高橋真梨子の番組が放送されました。
仙台でのコンサ-トが11,12日にあり、11日に行ってきたのですが、コンサ-トの中でヘンリ-さんが16日に放送されるのです。その中で今年のコンサ-トの模様も紹介されます。なんて話してたので、覗いてみたのですが・・・・。放映されたのが4回目のコンサ-トの模様。とはいえ、舞台装置などはマル秘。今年もすごい舞台装置でした。でも、そこまでは丸裸にはしないようでした。だんだんチケットの価格も上がり、もう行くのやめようなんて思いながら、ついつい毎年足を運んでおります。私が行ったのは今年の6回目の公演だそうです。以前は木枯らしの吹く季節に仙台にきていたのですが、いつからか新緑の季節に変更。早い回の公演で楽しみも覆いのですが、最近はよく曲をとちるのですね。始まったばかりのコンサ-トなので、歌い慣れしていないからなのでしょう。それはそれで楽しいものです。今回はあそこでまたとちったなんて、あらひろいできるのですから・・・・。
今年末まで全部で54公演だそうです。チケットを取るのは相当困難ですが、一度会場に足を運ぶとまた行きたくなる不思議な歌手のコンサ-トです。
追記
途中で行われるHenry Band Playも例年のやつよりすごいですよ。老人たちが相当無理してやっている様子が痛々しい感じもしますけど・・・・。(失礼しました)
[PR]
# by 2007sks | 2010-06-17 09:49 | その他

遠野

岩手県遠野市への日帰り旅行がありました。
バス旅行ですが、車中が片道約3時間なので相当な強行軍でした。
でも、山間の静かな村にいると、100年前にタイムスリップしたような感覚に陥る景観が目の前に広がり、時間がとまったような錯覚に陥るようでした。
c0140729_23574482.jpg

c0140729_2358912.jpg
c0140729_23583691.jpg


付録のお話
[PR]
# by 2007SKS | 2010-06-07 23:59 | 古民家

川岸 大炎上

前日絶対のピンチを救った川岸投手。阪神4回戦8回まで1点リ-ドで9回最後の仕上げに出たのはよいけど・・・。これが大の誤算。
阪神線連勝どころか金村に同点打。新井に逆転打(犠打)。仕上げは城島に3ランの5失点だTHEend。
疲労だけが残る試合でした。今日もピッチャ-の使い方。打順の組み方何かチグハグなガイジン迷監督の迷采配でした。
もう、交流戦なんて見に行くはおしまいにします。
c0140729_0125260.jpg
c0140729_0131314.jpg
c0140729_0132563.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-06-02 23:05 | 野球

ヒ-ロ- 捕手嶋

寒いさむいナイタ-でした。
10度前後の気温はいためている膝を直撃。
途中幾度か帰ろうかとも思った次第です。
この日も先制を許し、この先どうなることかと思ったのですが。

最後は嶋のサヨナラヒットでおしまい。
昨年までは前監督にベンチの中で幾度となく立たせられ、試合とは関係なく説教ずくめ。

たぶん今年、監督が変わり一番ホッとしている選手なのでしょう。
だけど、あの立ちっぱなしの説教タイムがあったからこそ、今年の嶋があることも事実なのです。
それにしても今年の迷監督、変な指示が多すぎて早く勝てる試合も長々となるのには閉口しますね。
c0140729_9135829.jpg
c0140729_9143893.jpg
c0140729_9151699.jpg
c0140729_9164731.jpg
c0140729_9165888.jpg

[PR]
# by 2007sks | 2010-05-30 09:06 | 野球

田園風景

c0140729_23113974.jpg
c0140729_231209.jpg
c0140729_23124249.jpg

足の具合も大分よくなってきたのですが、ここ数日はっきりしない空模様。
こんなときは余計痛みを感じてしまい、うっとうしい気持ちになります。
夕方から太陽も姿を見せて、久しぶりに畑に向かいました。
田んぼも田植えが終わり、見違えるほど美しい風景がそこここに広がっております。
[PR]
# by 2007sks | 2010-05-27 23:18 | 自然